なんでも世界一 TOP  >  2013年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界一治安のいい都市&国

私は旅行が大好きです。

なので、世界の国々について調べるのがけっこう好き

短期の旅行だったら治安はそんなに気にしないけど、長期の旅行だと治安ってけっこう気になります。

だって日本人だし、平和ボケした。


さあ、安心できる場所に旅に出ましょう!


1位 ABC諸島 オランダ領
ABC諸島
カリブ海に浮かぶ3つの島、アルバ(Aruba)、ボネール(Bonaire)、キュラソー(Curaçao)の頭文字をとってABC諸島と呼びます。
カリブ海は楽園ビーチがあるイメージですが、それだけでなく、ここは政治も経済も安定していて人々がみな穏やか。
治安のいいリゾートなんてこれ以上ない幸せです!ちょっと遠いんですが、こんなとこでバカンスしたいです


2位 ニュージーランド
ニュージーランド

「南半球の日本」のような立ち位置かと思っています。
気候は穏やかで、西岸海洋性気候に包まれ、夏は涼しく冬は温暖でとても過ごしやすい国です。
自然も穏やかで、たしかロードオブザリングのロケ地にもなっていましたよね~
温泉も湧いてるし、日本のように四季もあるのでしばらく住んでみてもいいかな?


3位 アルスター アイルランド
アルスター
アイルランドといえば、ギネスビールにパブってことで飲酒率が高くケンカとか多そうですが、ここは例外らしいです。
世界保健機関(WHO) が最近発表した調査では、アイルランドのエメラルド島をヨーロッパで一番安全な地域として認定しました。エメラルド島って名前がまず素晴らしい!
犯罪発生率も非常に低くあまり知られていないこの地は旅行には穴場スポットです。


4位 キプロス
キプロス
東地中海に浮かぶ島国で、四国の半分ほどしかありません。
第二次世界大戦後、内紛がたびたびおこり国連によって和平交渉が行われてきました。
しかし治安という点ではまったくもって問題なく、世界一美しいビーチのある国ともいわれています。
小さな国にも関わらず観光資源が豊富で、非常に安全に満足した旅をおくることができます。


5位 スイス
スイス
出ました、中立国、スイス。
1人当たりの財産が世界最高水準で、豊かな国のひとつです。
アルプスに代表される大自然があり、生活コストの高さも有名ですが、その分セキュリティは非常に優秀。
ちょっとお金はかかりますが、高レベルな水準で旅行できるので余裕がある方はにはとってもおすすめです。


6位 シンガポール
シンガポール
アジア1安全といわれる国ですね。
その理由は犯罪への刑の重さ。ちなみにゴミを捨てたり、ガムを売ったりするのも罰金。違反すると罰金70万円だとか!こわ~!!
そのおかげで美しい街並みと安心した旅行を楽しむこともできるんですね。


7位 シアトル アメリカ合衆国
シアトル
まさかのアメリカ!銃社会がランクインするとは思いませんでした。
一部の地域を除けばシアトルは非常に治安のいい都市のようです。アメリカ内では一番安全。
どこの場所でもそうですが、繁華街を夜中女性が1人で歩いていれば危ないので、一応そういう常識的なことは守っておきましょうね。


8位 ルクセンブルク
ルクセンブルグ
みなさん場所を知っていますか?ドイツとフランスとベルギーに囲まれた小さな国です。
犯罪発生率や失業率も低く、経済格差が小さい。おまけに人種差別もさほど強くないので旅行者もハッピー


9位 ヘルシンキ フィンランド
ヘルシンキ
ヘルシンキは治安のいい国の定番ですね。その治安のよさはほぼ日本並みと、日本人旅行者から聞きます。
北欧全般にいえることですが、幸せ度が高い国なので、人々に余裕があり、犯罪をするという切迫感が少ないんでしょうね。


10位 東京 日本
東京
日本人からしたら、東京よりも平和な都市はたくさんある!って思うでしょう。笑
でも東京って人口当たりの犯罪率がとっても低いんですよ。そりゃあ大量の人が住んでいますからね。
治安だけでなく、経済・商業の点でも完成された都市で、海外からの旅行者に刺激と満足感を与えているはずです。
スポンサーサイト
[ 2013年09月27日 15:29 ] カテゴリ: | TB(0) | CM(0)

流量世界一の滝

今日は滝について。

ある人のブログで見たイグアスの滝の写真がものすごくて調べてみたら、世界一流量の多い滝なんですね。

世界一周している夫婦のブログ


イグアスの滝


ナイアガラかと思ってた。

ブラジル(20%)とアルゼンチン(80%)の2国にまたがっていて、その流量は毎秒6500t。滝の幅は4000m。滝の落差は82mにもなります。

悪魔の喉笛という恐ろしい異名ももっています。


そんなものすごい量の水が落ちているポイントまで船で行くツアーがあるみたいですね。

テレビでも見たことあります。


眼前に近付く滝、視界に入るのは水の壁、、、アドレナリン出まくりでしょうね


よく、「マイナスイオンを浴びにおいでよ♪」みたいなキャッチフレーズで観光客の誘致をしている滝ですが、このイグアスの滝にマイナスイオンなんて存在するのでしょうか。

イオンというか、ただの土砂降りでしょう。

少し離れて、霧。

もっと離れる頃には滝とか見えなくて、滝の音だけが聞こえるのかな?

いずれにせよ体感してみたいものです。
[ 2013年09月26日 16:55 ] カテゴリ:世界遺産 | TB(0) | CM(0)

世界一お酒を飲む国

今年の夏は猛暑だったので、ビアガーデンは盛況だったことでしょう。

私もBBQとかお酒を飲む機会が多かったです

年のせいか、飲むペースとか抑えないと内臓にくるようになってきてしましたが、日本人はもともとお酒には強くないらしいですね。

それでいったらまだ飲めるほうかな?

でも外人さんってみんなお酒よく飲みますよね。

とんでもない量を飲みます。

世界一お酒を飲む国をランキングで調べてみました。


乾杯



1位 アイルランド 214.6ℓ
2位 チェコ 168.5ℓ
3位 デンマーク 156.1ℓ
4位 オーストリア 155.6ℓ
5位 ドイツ 144.0ℓ
6位 ベルギー 132.0ℓ
7位 ポルトガル 127.0ℓ
8位 イギリス 116.6ℓ
9位 オーストラリア 113.7ℓ
10位 ハンガリー 112.5ℓ
※1人当たりの年間アルコール飲料摂取量


オーストラリア以外全部ヨーロッパです。

1位のアイルランドといえば、ギネスビールとパブが思い浮かびますよね。

214.6ℓというと、毎日500mlのアルコールを飲んでいることになります。

ちなみに日本は56.1ℓなので、1日あたり150ml程度。

でも日本人は決してお酒が嫌いなわけではなく、毎日飲む人が3割もいるのんです。

遺伝子的にお酒に強くないので、量はたくさん飲めないんですがお酒が大好きな人が多いんですよ。

飲む理由は、付き合いだったりストレスだったり、いろいろありそうですけどね・・


あとは、世界的にお酒を飲む国はビールの名産地って共通点もありそうです。

アルコールの強いものだと大量には飲めないけど、ビールだったら大量に飲めますからね。

これらの国に行ったらパブでビールを楽しみたいですね
[ 2013年09月25日 14:47 ] カテゴリ:食品・飲料 | TB(0) | CM(0)

世界一観光客が来る国

3連休も最終日でしたが、いつのまにか涼しくなってますね。

9月は2回も3連休があったので、旅行された方も多いと思います。

日本は観光客誘致に力入れていますが、現状どの国が旅行者にとって一番人気なんでしょうか。


1位 フランス  76,800,000人
2位 アメリカ  59,745,000人
3位 中国  55,665,000人
4位 スペイン  52,677,000人
5位 イタリア  43,626,000人
6位 イギリス  28,133,000人
7位 トルコ  28,133,000人
8位 ドイツ  26,874,000人
9位 マレーシア  24,577,000人
10位 メキシコ  22,395,000人
※2010年 観光庁


フランス


おおかた予想通り。

頭になかったのはマレーシアとメキシコかな。

マレーシアよりはタイのほうが多そうなのにな。

フランスは圧倒的ですね!

カフェとかレストランとかセーヌ川沿いでおしゃれっぽくしてるパリジャンたち、実は観光客なのかも(笑)

ていうかパリにいる人みんな観光客なんじゃないか!?

7600万人ってほんとにそのぐらいの人数なんじゃないの!?

日本なんて800万人ぐらいだもんね~


ヨーロッパには世界中から観光客が集まりますが、それ以上に欧州圏内の人たちがそれぞれの国に観光に行っているのでしょうね。

陸続きだから日本から考えたら国内旅行並みに気軽なのでしょう。

通貨も一緒だしね。

それを考えたらイギリスってすごいかも。

日本もがんばろう。

まずは英語から。

[ 2013年09月24日 00:45 ] カテゴリ:人口 | TB(0) | CM(0)

世界一トマトを食べる国

今日は近くのパスタ屋さんでお昼を食べました

トマトソースにクリームとチーズが乗ったおいしいパスタでした。

パスタってミートソース系、ペペロンチーノ系、クリーム系とかいろいろありますけど、私は迷ったらトマト系にします。

アラビアータみたいにピリ辛なのもいいし、とにかくトマト系は外さない気がします!

おいしいですよね~


そう考えると、トマトをよく使っている国はイタリアが思い浮かびます。

あとは、8月末にあった「トマト祭り」で有名なスペインですかね。

トマトのイメージありますね!

インカ帝国だからペルーあたりも多そう。

調べてみました。


トマト



1位 ギリシャ
2位 リビア
3位 エジプト
4位 イスラエル
5位 レバノン
6位 イタリア
7位 トルコ
8位 ポルトガル
9位 スペイン
10位 アメリカ


世界一のギリシャは年間130kgものトマトを食べているらしいです。

1日の量を生トマトで換算すると、大2個ってとこですね。


日本じゃあ夏ぐらいしかそんなに食べないですよね。

ちなみに日本は年間平均10kg弱。

日本の場合はサラダとかに使われる場合が多いから、量はこんなもんらしいです。


予想したイタリア、ギリシャも入っていましたが、ほかは地中海沿いの国ばかりですね!

たしかに上位の国の料理はトマトがよく使われているような。

地中海性気候って憧れるけど、トマトも豊富なんだね!

なおさら憧れるわ~
[ 2013年09月21日 23:23 ] カテゴリ:食品・飲料 | TB(0) | CM(0)

世界一生活費が高い都市

来年には消費税増税されそうですが、困る人も多いですよね。

しっかり考えればしょうがないことでもあるとは思うのですが、簡単に税金に収入減を求めないで、ほかにないんですかね?

法人税も高いし、日本ってけっこう搾取されてる!?

税金が高いかわりに収入もそこそこあるはずですが、家賃とか物価とか、生活費も高いのが日本なんですよね。

北欧はさらに物価が高いんですが、世界で一番生活費がかかる都市はどこなのでしょうか。


生活費



1位 東京
2位 大阪
3位 シドニー
4位 オスロ
4位 メルボルン
6位 シンガポール
7位 チューリッヒ
8位 パリ
9位 カラカス
10位 ジュネーヴ

※2013年版


あーあ、日本の2都市が2トップですか。

これでさらに増税ですか。

世界に出て、このままでいいのか考えてみたい。。

考えたところでどうしようもないのですが。


あ、でもアメリカが入ってないですね。

ニューヨークとか高そうなのに。

家賃は高いけど、ほかのものは安いのが多いのかな?

う~ん、外食費とか高そうだけど、よくわからない。

この手の調査は詳細を見ることができないと、納得できないことが多いですね。

日本が高いのは納得してますが。

[ 2013年09月14日 22:04 ] カテゴリ:お金 | TB(0) | CM(0)

世界で一番ホームランを打った人

プロ野球は終盤戦に入り、セ・リーグは巨人が独走、パ・リーグは楽天が初優勝に向けて快進撃を見せておりますね。

今年のプロ野球はそういった優勝争いの他にも見所がたくさんあって、毎日ニュースが楽しみなんです

特にマー君の連勝記録とバレンティンの年間ホームラン数の年間記録が注目されてます。

マー君はもう記録を更新したからひとまず置いといて、バレンティンの年間ホームランプロ野球記録「55本」への挑戦が見ものです!

9/11現在、9/10の広島マエケンから54本を打っているので、記録には王手をかけています。

55本ってかなり重い数字らしく、外国人選手が何人かこの数字に並んではいるのです。

でも並ぶたびに敬遠四球で勝負してもらえず、王さんが記録した55本は抜けずにいます。

バレンティンはまだまだ試合があるにも関わらず、すでに54本打っているので、55本を超えるのはほぼ間違いないだろうとは思いますが、何があるかわからないので、ケガには気を付けて早目に記録を更新してほしいですね!


さて、55本の記録を最初に出した王さんですが、実は通算ホームラン数は世界一なんです!


王


ってみんな当たり前のように知ってるかな(笑)

生涯(プロ入りしてから)築き上げたホームラン数は868本!!

メジャーとは球場の広さも違いますから比較することは難しいですが、長い間ホームランを打ち続けたことはやはりすごいこと!

シーズン最多ホームラン73本の記録を持つ、バリー・ボンズだって通算ホームランは762本なんです。

今後誰かやぶる選手が出てくるか楽しみですが、メジャーで日本人選手がその記録に迫るなんてことがあったらおもしろいですね
[ 2013年09月11日 15:57 ] カテゴリ:スポーツ | TB(0) | CM(0)

世界一標高の高い町

世界一標高の高い町っていうとどこを思い浮かべますか?

エベレスト周辺とか、アルプス山脈のスイスあたりとか考えますが、実は南米のボリビアにあるのです。

ポトシという町で、首都のラパスから南東に440kmに位置し、その標高はなんと4000m!

ちなみにラパスは世界一標高の高い場所にある首都です。

4000mってちょっと想像できませんね。

われわれ日本人は富士山でさえ疲れ切ってしまうので、ここの人たちは4000mで走り回ったり、無茶な動きをしてるんでしょうね。

慣れってすごい!!

ここの人たちが本気でマラソンに取り組んだらアフリカ勢にも対抗できるんじゃないかと思うのですが、どうなんでしょうか。


高山地帯の乾燥気候なため植物には乏しく、昔は金や銀、錫(すず)が採掘されたため、鉱山として栄えた時期があったようです。

今は鉱物も枯渇してしまいましたが、その鉱山と街並みが世界遺産に登録されたので観光が主な収入源となっているようです。

世界一標高の高い町という肩書もありますしね!

ボリビアにはウユニ塩湖もあるし、いつか行ってみたい場所です。

ポトシ
[ 2013年09月10日 16:12 ] カテゴリ:自然 | TB(0) | CM(0)

世界一大きな竜巻

最近異常気象が続いてますね。

特に大雨と竜巻!

竜巻っていうとアメリカのニュースでよく見るので日本はそんなに関係ないものと思ってました。

でも実は北海道とか沖縄とかけっこう竜巻発生しているみたいなんですよ。

そして最近ニュースになっているのが、埼玉や栃木、千葉での竜巻ですね。

いろんな自然災害があると思いますが、いきなり目の前に竜巻があらわれたらどうします?

どっちに進んでるかわからなそうだし、ほかの災害とちがって避難訓練もしたことないし、パニックになりそう。


越谷で発生して野田まで進んだ竜巻の映像を見ると進路はかなり破壊されてしまってるようです。

すごいパワーだと思ってましたが、直径数10メートル竜巻で、レベルでは上から4番目だそうです。



では、でかい竜巻ってどのぐらいの大きさなんだろう~

世界一大きい竜巻は・・・


1999年5月3日にオクラホマで発生したものと言われています。


竜巻


直径は7kmにもなるといわれ、最大瞬間風速は142m/s!

竜巻のランクではF6で、「想像もつかないような被害。発生するような事があるならば、未曾有の超壊滅的な被害が予想される。」

といわれる規模です。

越谷の竜巻の何倍だろう・・・

これは映画に出てくるレベルですね。

巻き込まれたらこの雲の上まで巻き上げれらるのかな。

地下シェルターがあっても怖いぐらいです。



日本では竜巻が起きるような天気はひとまず今日で終わりのようなので、ほっとしています。

でも災害はいつ起きるかわからないので、シュミレーションしておくことが大事ですね。
[ 2013年09月05日 17:01 ] カテゴリ:気候 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。