なんでも世界一 TOP  >  スポンサー広告 >  食品・飲料 >  世界で一番ヨーグルトを食べる国

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界で一番ヨーグルトを食べる国

最近腸内環境と健康のために、毎日ヨーグルトを食べるようにしています。

もともとそんなに食べるほうではなかったので、最初は意識しないと忘れてしまいますね。

でも1日200g近く食べているせいか、腸内環境がよさそうです。


ヨーグルト



ヨーグルトといえばブルガリアヨーグルトってぐらい日本では有名ですが、実はブルガリアはヨーグルト発祥の地でもなければ、ヨーグルトを世界一食べる国でもないんです。

世界一ヨーグルトを食べる国は、お隣、トルコなんです。

そしてヨーグルト発祥の地でもあります。

2010年のデータでは、年間35kg食べています。

ブルガリアは29kg。

日本は6.5kgなので、どっちにしろすごい量ですね。


なんでこんなに多いのかっていうと、日本ではデザートのイメージが強いヨーグルトですが、トルコやブルガリアなのでは料理に使うんですよ。

ギリシャもだね。

タンドリーチキンの下味とかにも使うし、サラダにも使う。

とにかく日本とはヨーグルトに対する認識がちがう。

日本でいえば、同じ発酵食品ってことで味噌みたいなもんかな?


ヨーグルトにもいろいろと種類があるから食べ比べてみてもおもしろそう
[ 2013年10月02日 21:58 ] カテゴリ:食品・飲料 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。